自室を植物まみれにしてみたい


だんだんと暑くなってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私は結構な割合で室内にいることが多いです。

いわゆるインドア派です。

そのため、いかにリラックスできる部屋を作るかに微力ながら心血を注いでおります。

その中でも、今回は観葉植物について少しお話しできればと思います。


そもそも私が観葉植物を育て始めたのは母にもらったことが始まりだったと思います。

「室内なのに植物がある…土も…」

そんな非日常感が楽しかったことを今でも覚えています。

ブログタイトルのように植物だらけにするのは生活に支障を及ぼしそうで願望に留めていますが、観葉植物は現在でも好きで育てています。

こんなところでしょうか。

観葉植物自体は、コロナ禍の際に、外に出られないながらも自然を感じられる点や、おうち時間のインテリアとして様になる点が注目を浴びておりました。

空気清浄効果についてはあのNASAも注目しているとか。(実験内容が限定的なシチュエーションなので生活空間だとあまり期待できないかも…)


また、育てることが大変と思われがちですが、そこまで神経質にならなくともがんばってくれる子達は多いです。

水のあげすぎで下の葉が全て落ちながらもがんばっている子もいます。

あと、急に子どもが顔を出す子もいます。

サンセベリアがこういう風に増えることを最近初めて知りました


本当にお手入れが嫌であれば、フェイクグリーンでもいいと思います。

水を上げなくてもいいですし。

植え替えなんかも要りませんし。

振り回せば埃も払えますし。

なにより虫が湧きません。

最近ですと、本物も作り物も100円ショップで売っていたりします。

もしお部屋に寂しさを感じている方がいましたらお一つ手にしてみてはいかがでしょうか。

皆様がお気に入りの植物に出会えることを祈っております。

ではまたの機会に。

遠藤

前の記事

今流行りの…