IT導入補助金2022の小話とお花見

今まで濃い緑だった山が、薄い緑の新芽色に染まるころですね。

着る服が悩ましいですがよい季節ですね♪

せっかちな私は5分咲きの時に、本気のお花見やってみましたよ!!

お花見は3日前から始まります。

まず、豚バラブロックを購入します!  ( ゚Д゚)ソコカラ?!

そしてたれに漬け込みます。一晩おきますよ。

たれはいろいろ入れすぎてわからなくなりましたが、しょうゆとかみりんとか、メープルシロップとか・・です。

そして、炊飯器で低温調理?をしました。2時間保温です。

で、出来上がったものがこちら↓

で、お花見当日にフライパンで焼き目をつけました。

🤤ツヤがぁぁ!!あまじょっぱのにおい!!!!👏

盛付のセンスは・・・・頑張りましょうですがっ!!

断面は10000000点!!!!じゃーーー!!

ちょうど通りかかったOさんに味見をしてもらったら、おいしいいただきましたよーー☆

中まで味しみてジューシー、しょうゆベースのたれにホースラディッシュの風味が合います~~!!

良い天気で、ポカポカ・・。Iさんに折り畳みの椅子をお借りしまして、いやー最高っす。

こうなったらやっぱりあれでしょ(^^♪

かんぱーーーい♪

って安心してください。

ジュースですよ。

そしてこの100均のコップがオシャレすぎて感動です。

落ち着かない時世だからこそか、日本ならではの春を感じられるのはありがたみをより感じます。

そんな花見を満喫しつつ、あっという間にインボイス制度スタートまであと1年半!!

ソフトやハードの整備が必要になるかたもいらっしゃるかもしれません。

今から・・って方は一回検討していただきたいのが、

IT導入補助金2022

ソフトやハードの購入の補助をしてくれるというものです。

補助対象者は中小企業になり、要件を満たす必要がありますが、最大で450万円(購入の1/2~)を補助してくれます。

対象となるものは

通常枠(A・B類型)・・ソフトウェア費、クラウド利用料、導入関連費等

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)・・会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフトのソフト費、クラウド利用料。ハード機器

導入にはまず、支援機関へ相談することが必要です。

今抱えている問題から最適なソフトやハードを提案してくれ、申請の手伝いまでをしてくれるそうです。

いま、大森事務所ではCR(PBS)を使用しておりますが、これは会計ソフトに分類されます。

支援機関に相談する際は、既存のソフトとの兼ね合いも一緒に相談していただけるとよいと思います。

既存ソフトと連携がない・・不必要な機能まで購入してしまう・・・などを防ぐためにぜひお願いします。

締切は、何次かに分かれていますが、6月13日予定が一番最後(予定)です。

どんどんデジタル化が進むなか、活用していきたい補助金の小話でした!

                                   内藤

前の記事

さくら・・満開です。